【PR Times STORY】「対話」こそ、チーム崩壊を防ぐたった一つの方法:チームビルディングに特化した新生「Cocolabo(ココラボ)」

#エンゲージメント #開発ストーリー #チームビルディング

2022年4月15日 10時00分株式会社NEWONE 公開


新入社員や部署移動が目まぐるしい春。新しいチームや部署で「コミュニケーション」の重要性が増す時期でもあります。人材育成・組織開発ファームの株式会社NEWONEは、4月6日に管理職向けサービス「Cocolabo(ココラボ)https://cocolabo.club/」をリニューアルしました。新たなコンセプトは「チーム作り支援」。「チームの崩壊を防ぐたった一つの方法」として、NEWONEが提供する「対話ツール」について、Cocolabo(ココラボ)責任者の桐山 恭子さんに詳しい話しを聞きました。




チーム全体でのチーム作りが大切

「管理職だけが頑張っても、チームのエンゲージメントは改善されないことを、1年半ほどサービス運用する中で感じてきました」と話す桐山さん。管理職の頑張りで、チームそのものはよくなっているものの、環境変化や多岐にわたる仕事で疲弊している管理職に対して、「武器を渡すこと」で身軽になってほしい、という思いで作り上げたCocolabo(ココラボ)のサービスを通じても、疲弊度合い自体変わらない人もいたと言います。

そんな中「管理職の負担を減らすために何が必要か?」と熟考する中で導き出された仮説は、「チームメンバーが『対等感』を持って参加することが、エンゲージメントを高める」という手法でした。

チーム作りにおいて、管理職の方だけが頑張るのではなくて、チームメンバーも当事者として貢献してもらいたい」と桐山さんは続けます。


続きはこちらから